白内障、もっとくわしく
  • 岡本眼科ホームへ
  • 富山県で日帰り白内障手術

富山初!最新の白内障手術装置で富山県で日帰り白内障手術 岡本眼科 富山市天正寺

CENTURION® Vision System with ACTIVE SENTRY® Handpiece
白内障日帰り手術 センチュリオン ビジョン システム CENTURION® Vision System with ACTIVE SENTRY® Handpiece

次世代白内障手術装置
術中の眼内圧変動を減少させる
独自の灌流制御システムを搭載

CENTURION® Vision System with ACTIVE SENTRY® Handpiece

岡本眼科では、白内障手術の安全性と効率性を格段に高める最新の白内障手術装置「CENTURION® Vision System with ACTIVE SENTRY® Handpiece」を導入致しました。

富山初「CENTURION® Vision System with ACTIVE SENTRY® Handpiece」について
1

眼灌流圧センサーを内蔵した「CENTURION® ACTIVE SENTRY® ハンドピース」

従来は器械本体にあった灌流圧センサーを、ハンドピース自体に搭載することで、眼に近い位置で眼圧の変動をいち早くより正確に検知することができます。ハンドピースは常に眼圧の変動をモニタリングし、調整が必要な場合には超音波乳化吸引装置(CENTURION本体)に信号を送信します。

ACTIVE SENTRYは従来品と比較して、水晶体の超音波乳化吸引時も眼内の容積の変動が少なく、より安定した眼圧を実現することが可能です

2

Active Fluidics™テクノロジー
 

Active Fluidics™テクノロジーは眼内圧の変動を検知し、目標眼内圧を維持するために2枚の板に挟まれた灌流液パックが自動で加圧を調整、必要な量の灌流液をリアルタイムで自動注入します。グラビティ、加圧式のような従来型の灌流システムと比較し術中の眼内圧変動が少なく、目標とする眼内圧をより正確に維持します。また、ACTIVE SENTRY® ハンドピースはActive Fluidics™テクノロジーをより正確に作動させるために重要な患眼の高さを自動で検知します。

ACTIVE SENTRYによる最新の還流システムの仕組み

3

INTREPID© Hybrid Tip
 

INTREPID© Hybrid Tipは先端がポリマー素材で丸みを帯びたエッジデザインを採用することで水晶体嚢や他の組織に対する侵襲を低減。合併症リスクを低減しより高い安全性を提供します。

4

CENTURION® エナジーデリバリー
 

Ozilテクノロジーと先進的なフルイディスクテクノロジーの調和により、核処理効率が向上。使用エネルギー・流体使用量を軽減します。また従来型縦発振や楕円形縦発振方式と比べ60%発熱を軽減、創口熱傷の発生リスクが低減します。
さらに2.0mmという極小切開での白内障手術を実現。手術後の炎症・乱視化・感染などの合併症を抑えます。

もしかしたら白内障?そう思ったら、まずは受診してみましょう!岡本眼科 富山で日帰り白内障手術